ただいまー。
沖縄も九州も食べ物が実に美味しくて、普段は苦手なゴーヤまでも美味しく頂けました。
後、沖縄は半袖だったり、海で泳いだりと暖かかったのですが、九州は死ぬほど寒かった。
河川敷とか公園で晩飯を作っている間はもう凍え死ぬかと。

MOTHER2
RPGのなかで、というかむしろゲームのなかで最も好きな作品。
名作として名高いこの作品なので省略しちゃいますが、音楽やグラフィック、ストーリーからシステムまでどれをとっても最高。
温かくノスタルジーに溢れる雰囲気に癒されまくりです。
ちなみに戦闘時のドラムロールシステムは戦闘の緊迫感が増して、非常にお気に入りだったり。
この作品だけは自信を持ってお勧めー(`・ω・´)やっておいて損はないというか、必ずやっておくべし。
大人も子供も、おねーさんも。まーざーつー、まーざつー。

何となく新カテゴリ作成ー。
このカテゴリは私が好きなゲームを挙げて、それについての所感とかを書いて布教しようというもの。
まぁ、正直放置しっぱなしで、見てくれている人は居ないので、効果は如何ほどにって感じですが。
ただ自分の中で整理がしたかっただけという説もあるけれど、それは華麗にスルーだ(マテ
では早速。


真・三國無双2
記念すべき第一回に取り上げるソフトはやはりこの『真・三國無双2』。
何と言ってもこのHPの起源となるゲームですしね。
このソフトにハマった原因となったのが、

  • 2人での協力プレイ
  • 簡単な操作でバッサバッサの爽快感
  • 異次元

大きく分けるとこの3点でしょうか。
異次元については発見者のミジンコ武者さんのHPを参照。
この中で異次元は開発者の想定外でしょうけど、本来行けない場所に行けたり、変なオブジェクトがあったりと
色々遊べて個人的にはツボでした。
それ故、これ以降のシリーズでは角がコーティングされて行けないのが非常に残念です。
その他にも3Dならではのアラがあって、それが逆に様々な小ネタを生みだしていて、それらを探すべく奔放した覚えがあります。
ソフトの完成度とアラの度合いが奇跡的なバランスで合わさった作品。神です。


…ただ、最近のコーエー商法には飽き気味。
無双OROCHIは少し気になりますが、さてどうなるでしょうか。